Aurora マイクロプレートについて

1990年代後半以降、当社はマイクロプレートの技術とイノベーションの最前線にいます。当社の最初のマイクロプレート製品は、1uL から反応が可能な 3456 ウェルプレートでした。当社は高性能素材の採用と製造方法を開拓することで、最も清潔で最も平坦な静電防止されたプレートを利用できるようにしました。当社は金型の製造、金型のメンテナンス、生産の洗浄度において厳密な技術と方法を採用し、科学用途の厳しい需要に対して常に製品をご提供できる状態にしております。

当社およびパートナー企業は、厳格な品質の原則を遵守しています。当社の全ての製品はISO-13485登録施設で製造されています。製造施設内は、製造装置のすぐ上に設置されているHEPAフィルターシステムによりクリーンルームクラス8となっています。これにより、厳密な基準を満たした、ほこりおよび静電気の無い商品が保証されます。

当社のマイクロプレートは、世界中の最も要求の厳しい科学者達に使用されています。創薬の初期段階では精度と一貫性が必要です。これらの設定で使用される重要な発見用途で用いられるマイクロプレートは、反応が起こり、プレートからの干渉なしに観察できる目に見えない「バケツ」である必要があります。当社は、これを自社製品のすべての運用、革新、進化のガイドラインとして使用しています。

plates-2_trim_bg_w

現在当社は、384、1536、3456ウェルを提供しています。このプレートは蛍光および発光感度の向上、シグナル対ノイズ比の向上、z' ウィンドウの改善、顕微鏡でのより鮮明で鮮明な画像により、アッセイのパフォーマンスが向上します。 商品やプロセスについてのより詳細な情報につきましては直接ご連絡ください。

jaJapanese
Scroll to Top
トップへ